東京でおすすめフロアコーティング業者を口コミや相場価格から徹底比較

フロアコーティングのつや消しとつや有りの仕上がりの違いや特徴

フローリングをコーティングしたいという人はいますか?コーティングはフローリングを守っていく上で重要なものです。フローリングのコーティングをきちんと行っているフローリングは、傷に強く汚れを弾き、ペットが粗相をしてしまってもアルコールでさっと拭くだけで掃除することができるのでおすすめです。

コーティングをしていない人で、ワックスをかけているだけの人がいますが、ワックスはただ艶を与えるだけであって、傷を防ぎ、熱から守ることはできません。床暖房をしている場合、ワックスだけではフローリングを乾燥から守る力は弱く変色してしまう原因になります。

ですから、熱から守るためにもコーティングは大切です。

 

艶消しのコーティングと艶アリのコーティングがある?

コーティングというと、つやつやで輝くようなフローリングが特徴で、このつやのあるフローリングは多くのお客様から人気があります。実際ガラスコーティング以外はほとんどがつやつやのフローリングになるコーティング剤を使用しています。

しかし、コーティング剤によっては不自然すぎるほどつやつやになってしまうコーティングはありませんか?
せっかくの木のぬくもりが、このコーティングによって台無しになってしまう事もあるでしょう。

そのため、今はつやありのコーティングの他に、敢えてそこからつや消しをしてしまうお客様も増えています。では、つやアリの仕上がりとつや消しの仕上がりではどう違うのでしょうか?

 

仕上がりの違い

▼つや有りのコーティング
つや有りのコーティングはつやの無くなったフローリングに輝きを与えます。見た目も良く清潔で掃除をした後の輝きも違います。またお部屋の雰囲気によっても、つやのあるほうがいいという場合があります。

例えば白を基調としたお部屋の場合、つやがあったほうが明るい印象を与え、女性が好むようなお部屋になります。ウッドテイストなお部屋の場合は適度な艶がでるものがいいでしょう。艶を出すコーティングといっても、かなりつややかな仕上がりになるタイプと程よいつやが出るタイプがあります。

お部屋の雰囲気によってどちらのつやがいいか選びましょう。

また、アンティーク系の落ち着いた部屋にはあえてマットな光沢を出す「ガラスコーティング」がおすすめです。ガラスコーティングはマットな質感となるので、重厚感のあるお部屋にしたいという人は、このマット光沢はピッタリです。

 

▼つや消しのコーティング
つややかなコーティングを、敢えてマットに仕上げるお客様も増えています。艶を消すことで、木目調の本来の質感が最大限に引き出され、わざとらしい不釣り合いなつや感はなくなるので落ち着いた雰囲気のお部屋を作ることができます。

フロアコーティング会社では、UVコーティング剤のつや消しタイプというものがあります。ネイルをする場合もつやアリとマットタイプのネイルがありますが、雰囲気としては同じです。

艶消しをすることで、マットで落ち着いた雰囲気の家にするだけではなく、フローリングの強度を与えるのでお勧めです。室内にペットがいる場合、お子様が床でおもちゃを使って遊んでいる場合、傷がつきにくくなります。

つやを消すとフローリングが脆くなってしまうイメージを持たれるかもしれませんが、艶を消したからといってフローリングが弱くなってしまうことはありません。むしろつやありよりも傷が目立ちにくくなるので、お子様が傷をつけて目立つのが嫌だという人は、つやなしのUVコーティングを選ぶ人が増えています。

価格は高いのではと気になる方もいるかもしれませんが、価格はグロスタイプとつや消しタイプではさほど金額はかわりません。多くの業者ではあまり値段に差をつけていないので、気にせず好きな方を選びましょう。

 

ガラスタイプのコーティングは元々つやを抑えたマットな仕上がりになるので、強度も欲しく、つやも抑えた仕上がりにしたいという場合はガラスコーティングでもいいでしょう。

 

つやありか無しかはお客様の好みになります

つや消しタイプのUVコーティングにするか、つや有りタイプのUVコーティングにするかはお客様お好みになります。つやがあってもなくてもUVコーティング自体、強度も高く、耐水性や耐熱性、耐薬性にも優れており摩擦にも強いので、今このUVコーティングを選ばれているお客様が多いです。

耐熱温度も200度と高いので、キッチンなどの火を使う場所にも安心して使用することができます。床暖房にも適しており、床暖房のフローリングにコーティングをすることで、乾燥や熱からフローリングを守り変色を抑えます。

施工業者によっても価格は変動してしまいますが、最低50,000円から施工をすることができます。フロアコーティングはフローリングを傷や水分から守るだけではなく、ペットの粗相や食べこぼしが目に見えないわずかな亀裂に入ってしまった汚れも、内部で腐食するのを防いでくれます。

フローリングの寿命を長引かせるためにも、フロアコーティングはお勧めです。

サイト内検索
フロアコーティング業者ランキング
森のしずく
エコプロコート
グッドライフ
株式会社ジェブ
エススタイル