東京でおすすめフロアコーティング業者を口コミや相場価格から徹底比較

中古物件はフロアコーティングで綺麗になる!

「新築物件は高価だから、中古物件で十分」と考えている人は、購入した後のアフターケア改築修繕などをよく考慮して購入する必要があります。

物件の築年数にもよりますが、購入後にすぐにリフォームしたり、修繕を行うケースは意外と多いものです。

いくら新築ではないとは言え、けして安い買い物と言えないため、購入後のローンの支払いからリフォーム代まで、総合して家計と相談してください。

古くなった部屋を美しく新しく見せる方法としては、フローリングの張り替えや壁紙の交換などいくつかの方法がありますが、ここではワックスよりもお手入れが簡単なフロアコーティングという方法をおすすめします。

ワックスよりも効果が持続できる

フロアコーティング」とは、フローリングに特殊な薬剤を塗って汚れや傷がつかないように保護する方法です。

薬剤の種類によっていくつかの方法がありますが、どれもワックスより時間と料金がかかることが特徴です。

しかし、年に一回程度塗り直さないと効果が長持ちしないワックスに比べると、10年近く効果が保つため、ほぼメンテナンスフリーと言ってもよいでしょう。

また、ワックスを塗ったフローリングは、椅子を引いたり物を引きずったりすると剥がれやすく、一度剥がれるとそこに汚れが付着してより汚く見えてしまいます。

そういった心配が少なく、一度塗ってしまうとお手入れが少ないことが、ワックスとは異なるメリットと言えます。

フローリングが美しいと部屋が新しく見える

中古物件だと、すでにフローリングに傷が付いていることも多く、改善するにはフローリングの張り替えを行う必要があります。

しかし、フローリング全体の張り替えはお金がかかり、大掛かりなリフォームとなるため、経済的に余裕がない家庭にはおすすめできません。

そういったケースでは、コーティング剤を塗布して艶を出しこれ以上の傷が付かないように保護する作業がおすすめです。

フローリングには、突板と呼ばれる板材を貼り合わせたものとシート材を貼ったものの二つが主流で、どちらもコーティング剤を塗布することが可能です。

木目が特徴的な突板だと、艶感を控えめにした薬剤を塗布して自然な印象を与えることが可能です。

シート材の場合は、人工的に劣化しにくい素材で作られているため、比較的美しいフローリングを保つことができますが、その分、油や水分を吸収しやすく弱い性質があるため、コーティングを行うことでより強いフローリングにすることが可能です。

家具を置いていない部屋は、床と壁、天井と柱が基本的な構造であり、それらが古いと部屋全体が古く見えてしまう特徴があります。

新築物件でない場合は、元々あるこれらの構造を生かして住みやすくリフォームする必要がありますが、コーティング剤の塗布は「大掛かりな工事をしなくてもフローリングを美しく変身させる方法」として最適と言えます。

元々の部屋の特徴を知りより最適な薬剤を選ぶ

中古物件でコーティングを塗布する際は、いくつかのことに注意する必要があります。

まず一つは、「すでにワックスを塗っている場合は、一度剥がしてからコーティング剤を塗る」という点です。

コーティング剤は特殊な薬剤で作られているため、他の薬剤に重ねて塗ると化学反応を起こしてより汚くなってしまう場合もあります。

すでにワックスをかけている場合は、コーティングの代金とは別にワックスの剥離代金を徴収されることがあるので注意してください。

また、引き渡しの前に清掃とワックスがけを行う業者も多いので、コーティングの予定があることを先に伝えておくと安心です。

二つ目に、「床材の素材や日当たりなどを考慮してコーティング剤を選ぶ」という点です。

コーティング剤には様々な種類があるため、ある程度の素材に対応可能と言えます。

しかし、特殊な素材や一部分だけ張り替えて場所などを知っておくと、より安心して効果的にコーティングすることが可能です。

また、薬剤によってはUVカット機能が高いものもあるため、元々日当たりが強く傷みやすい場所には、こういった薬剤を使用すると長く効果が保てます。

元々の部屋の特徴を知っておくと、より最適なコーティング剤が選べるため、不動産会社に確認するなどして調べておくとよいでしょう。

 

フローリングを張り替えずに、簡単に部屋を美しく清潔に見せる方法として、フロアコーティングは最適な方法と言えます。

フローリングは、椅子を引いたり物を引きずったりするだけで簡単に傷が付きやすい素材もあり、そこから汚れが付着してより汚く見えてしまいます。

ワックスをかけるという方法もありますが、最低でも年に一回は塗り替えを行う必要があるため、忙しく時間がない人にはあまりおすすめできません。

その点、コーティング剤は一度、塗布すると10年近くメンテナンスフリーだったり、埃や傷が付きにくく水分や油の汚れが浸み込みにくかったりという特徴があります。

新築物件は買えなかったけれど部屋を綺麗に見せたい」という人は、大掛かりな工事が不必要なコーティング塗布を行って、新築同様の美しさと清潔さを演出してみるのはどうでしょうか。