東京でおすすめフロアコーティング業者を口コミや相場価格から徹底比較

フロアコーティング後に付いた傷は補修できる?

近年ではコーティングを行なっている業者もかなり増えており、どこを選ぶのかによる違いもあるので比較してから選ぶことが大切です。

比較するべきポイントは、必要となるトータル費用の違い仕上がりのクオリティーということは確かですが、それ以外にもサポート体制にも注目しておくことも大切です。

コーティングをしてもらった後に起きるトラブルの一つに、が付いてしまうというトラブルがあります。

その場合には、補修することが可能なのかもチェックしておく必要があります。

コーティング後にすぐ傷が付いた場合

フロアのコーティングをしてもらったからといって、傷が付かなくなるというわけではなく、傷が付きにくくなるというだけなので、当然のことながらコーティングをしても傷が付いてしまうことはあります。

もちろん、コーティングをしていなければもっと酷い傷が付いていた可能性が高いので、コーティングをしておいてよかったということになります。

コーティングをしてからしばらく期間があり傷が付いたとなれば、仕方がないと考えることになりますが、コーティングをしてもらった後にすぐ傷が付いてしまった場合にはかなり落ち込むのではないでしょうか。

傷が付いた場合には業者に補修してもらうことができます。

目立つ傷の場合には、目立たなくしてもらうことができ部分的に行ってもらえるケースが大半であり、そうなれば全面のコーティングとは異なり時間もかなり短くて済みます。

業者によるサポート体制の違いもチェック

施工後にすぐに傷ができてしまった時には、部分的にやり直してもらおうと考える人が多いかもしれません。

しかし、コーティングの種類や業者によって部分的なやり直しができるかどうかには大きな違いがあるので、コーティングを依頼する前にはしっかり確認しておくようにしましょう。

優良な業者側のミスとなれば当然無料でやり直してもらえますが、コーティング後に依頼者側が傷を付けてしまった場合にはやり直しは有料となることが多いです。

もちろん業者によって違いもあり、一定期間ならば無料でやり直しという保証があったりサポート体制が整っている業者もあります。

注意しておくべきポイントについて

コーティングをした後に傷が付いてしまった場合には、お金さえ支払えばやり直してもらうことができると考えてしまいがちです。

しかし、コーティングの種類によってはすぐにやり直すことが困難というケースや、部分的にはできず全体を再びやり直さなくてはならないということもあるので気をつけなくてはなりません。

業者の中には、コーティングを専門としていた傷を直すことまではできないということもあるので注意しましょう。

自らで直すという方法もありますが、素人が下手に直そうとするとさらに状態を悪化させてしまうだけということも珍しくはないので、まずは業者に問い合わせてみるべきです。

ここではやはり、コーティングを施した張本人で、かつコーティングに関してしっかりと把握している業者に依頼することがベターだと言えるでしょう

なお、業者を選ぶ時にはコーティングの技術や仕上がりのクオリティーがいかに高いのかをチェックすると同時に、コーティングをした後のサポート体制や保証期間についてしっかりと確かめておくことが大切です。

最初から保証が付いている業者を選ぶようにしておけば万が一の時も安心です。

 

せっかくフロアのコーティングをしたとなれば、できる限り綺麗な状態をキープさせたいと考えるのは当然なことです。

しかし、予期せぬことがきっかけでせっかくコーティングしたフロアに傷が付いてしまうということもあります。

その場合には、直してもらうことができるのかということを考えておくことが大切であり、コーティングの種類や業者による違いをしっかり確認してから選びましょう。

保証があり無料で行ってもらうことができるところならば、後々の無駄な出費にもならず安心して生活をすることができます。

基本的にはコーティングの後に付いた傷は直すことができますが、素人が自らで行うことはリスクを伴うことになるので必ずコーティングを依頼した業者に問い合わせるようにすることがポイントとなってきます。