東京でおすすめフロアコーティング業者を口コミや相場価格から徹底比較

フロアコーティングは雨の日でも綺麗に仕上がる?

フロアは傷がついたり剥げたりと、劣化もしやすいので、長い期間床を綺麗に保つためにも、フロアコーティングを考えるという人はかなり多いのではないでしょうか。

床材を保護し美しい光沢を長期間保つことができ、傷もつきにくくなるのはもちろんのこと、ワックスをかける手間もなくなり水拭き可能で日頃の手入れも楽になるなどありとあらゆるメリットがあります。

一口にフロアをコーティングするといっても、様々な種類がありそれぞれの特徴も理解してから選ぶ必要があります。

フロアのコーティングを行なっている業者も数多く存在していたり、選択肢が豊富というのは良いことですがどこに依頼しても同じというわけではないので気をつけなくてはなりません。

業者により料金に違いがあるのはもちろんのこと、仕上がりの良し悪しやサポート体制にも大きな違いがあるのでよく比較してから選ぶことが大切になってきます。

コーティング業者には特に資格が必要というわけではないからこそ、よく実績を見てから決めなくてはなりません。

いざコーティングを依頼する業者を決めた時に気になるのは、依頼した日の天気が良くない場合にはコーティングはできるのかや、できた場合でも仕上がりが晴れている時よりも良くなかったりしないのかという点ではないでしょうか。

コーティングの種類による違いについて

コーティングは天気が悪くてもできるかどうかは、コーティングの種類による違いも関係してくるということは頭に置いておかなくてはなりません。

雨の日にはワックスをかけると乾きが遅いように、自然乾燥タイプのフロアコーティングある程度乾きが遅くなるのは仕方がないことです。

湿度はもちろん気温が低い場合には、更に乾きが悪くなってしまうので、そうなれば仕上がりのクオリティーにも大きく影響してきてしまいます。

ガラスコーティングも天気が良くない日には難しいこともあります。

その一方UVフロアコーティングは自然乾燥ではないこともあり、乾燥と仕上がりの安定性が良いので天気が悪くても問題ないケースも多いです。

天候が良くないと、作業時間が延びることもあるということは理解しておくようにしましょう。

業者による違いもチェックしておく

業者により得意としているコーティングの種類にも違いがあり、雨の日でも変わりなく仕上げることができるノウハウを持っているのかという違いもあります。

よって、天気が良くない日にも仕上がりのレベルを落とさずに施工してもらうことができる業者を選ぶことが大切と言えるでしょう。

万が一天気が良くない場合で、仕上がりに違いがありそうという場合には、日にちの変更を無料で行ってもらうことができるのかはもちろん、天気が良くないことが理由で施工が難しいということをきちんと伝えてくれる業者を選ぶことが大切です。

天気が悪くても無理に施工をすると、施工後の数日間入れないケース最初からすべてやり直しになるケースも稀にあるので気をつけなくてはなりません。

雨の日が狙い目というケースもある

フロアのコーティングは晴れの日に越したことはないということは確かですが、腕が良く実績もある業者ならば天気が悪い日にも晴れている日と変わらない仕上がりでコーティングをしてくれる場合もあります。

近年ではコーティングを行う人が増えたことにより、業者の数も増えているので、業者のレベルも上がってきていることは確かです。

仕上がりに変わりがないとなれば、天気が悪い日が狙い目ということもあります。

天気が良くない日には仕上がりのクオリティーを心配する人が多いので、天気が悪い日には予約が取りやすくスムーズにコーティングをしてもらうことができたり、他の予約がないことにより業者側も時間に追われていないので、日頃よりも更に丁寧なコーティングをしてもらうことができる場合もあったりと、メリットもあることは確かといえるのではないでしょうか。

コーティングを業者に依頼することにより、当然ですが費用がかかることになり、決して安いとはいえない金額となるからこそ、せっかく施工してもらったらその効果を最大限まで引き出すべきです。

施工をしてから乾くまでの間に傷をつけてしまったりしないように、しっかり乾かす必要があります。

余裕を持って依頼することにより、しっかりと乾かしてコーティングの力を十分発揮させ、長持ちさせることにもつながります。

 

フロアのコーティング天気が良くないとできないと考えている人が多いですが、近年ではコーティング剤や技術の進歩により天気が良くない日にでも、晴れている日と変わらない仕上がりにしてもらえるケースも増えています。

天気が良くない日は予約が少ないことから狙い目ということも確かですが、業者による違いはかなり大きいのでしっかり比較してから決めなくてはなりません。

複数の業者から見積もりを取り、天気が悪くても施工してもらえて仕上がりのクオリティーには違いはないのかということ、補償内容やサポート体制なども忘れずにチェックしてから依頼するように心がけておきましょう。

サイト内検索
フロアコーティング関連コラム