東京でおすすめフロアコーティング業者を口コミや相場価格から徹底比較

フロアコーティング施工でよくある便利なオプション

フロアコーティング施工でよくある便利なオプション

フロアコーティングをするのだから、他の場所もお手入れしやすいようにしたいという場合、フロアコーティングを施工する業者のオプションをセットすると便利ですよ。

とても暮らしやすくなりますし、お手入れが楽になります。
どのようなオプションがあるのか、見てみましょう。
今回取り上げたのはよくあるオプションであり、すべての会社にあるとは限りません。
こういったオプションもあるのだなという、参考にしてくださいね。

 

どんな事業者が施工しているのか

そもそも、フロアコーティングはどのような事業者が施工しているのでしょうか。
だいたいは工務店や、内装の専門会社がフロアコーティングを行っています。
中にはフロアコーティングしか行わない会社もあります。

内装全般のリフォームや、コーティングを考えている場合は、内装会社に依頼するときめ細かい対応を取ってもらえるでしょう。
いちいち他の会社に依頼するのは大変です。
この際、コーティングをして暮らしやすい家を実現しましょう。

 

最重要なオプション:保証

オプションの中でほぼ必ずついてくるのは施工保証というサービスです。
保証期間内にフロアコーティングに傷が入ったり、はがれたりすることがあれば無償で修理してくれるというものです。
業者の中には工事費用は確かに無料ではあるものの交通費を請求するところがあるので、保証内容をよく確認してください。

最近のフロアコーティングはとても長持ちするようになりましたので、25年、30年といったかなりの長期間保証をしてもらえることがあります。
30年も使っていれば、ひびのひとつやふたつ、入ってしまいそうですよね?

といっても素人には補修は無理です。
そこで施工会社の保証規定をきちんと適用してもらって、修理してもらうというのが賢いやり方です。

数あるオプションの中で、最重要なものは保証制度です。
施工を依頼する際には保証書をきちんと渡してもらえるのか、保証制度の詳細など、事前に説明を受けてください。

 

水回りの防汚コート

フロアコーティングをしている業者によくあるオプションは、水回りのコーティングです。
水回りはどうしても水垢などがつきやすい部分ですので、コーティングをすることで水垢を予防することが可能です。

撥水性のある硬度の高い素材で保護膜を作り、汚れを寄せ付けません。
たとえば、天然大理石に汚れがついてしまうとなかなかとれませんが、コーティングをしておけばさっと吹いたらすぐに取れます。
大理石のシミはかなり目立ちますので、コーティングをしておかないと長い間きれいに使うのは難しいかもしれません。

フッ素コーティングでは、特殊な電荷処理をしたフッ素被膜でキッチンや洗面所、トイレなどをコートします。
凹凸をなくすことで汚れを防ぐことができます。

 

水回りの防カビコート

水回りの防汚コートと同じオプションになっていることもありますが、防カビコートを施工することもできます。
水がよくついてしまう場所はどうしてもカビが生えやすくなりますが、不衛生で嫌ですよね。
防カビコートをつければ、カビが生えにくくなりますよ。

防カビコートは、カビの栄養となる汚れを取り除くだけではなく、抗菌効果のある薬品を使ってカビを予防します。
食品工場などでも使われている安全な薬品でコートするので、安心ですね。
キッチン、洗面所、浴室などの天井や壁、収納をコーティングできます。
防カビコートをするとコーティングが剥がれてしまうことがあるので、クレンザーなどの研磨剤を使うことができません。
注意しましょう。

 

石材のタイルコート

玄関の石材、いつか汚しそうで嫌だという場合はコーティングしてしまいましょう。
天然石コート剤を浸透させることで、玄関の石材やタイル、人工石、天然石をきれいなまま保てます。
放っておくとどんどん石材の中に汚れが浸透して行ってしまいます。
汚れがたまらないうちにコーティングしましょう。

 

クロスコーティング

壁を手垢などから守るコーティングです。
手垢汚れは意外と目立つので汚れがないうちにクロスのコーティングをしましょう。

特に、タバコを吸う家族がいる場合は、タバコのヤニがクロスについてしまうのでコーティングをすることをおすすめします。
クロスコーティング剤は、帯電防止剤を配合しているため、ホコリなどの汚れが付きづらくなります。
普段のお手入れは水拭きをするだけで大丈夫です。

無光触媒コーティングは、クロスコーティングの中でも防カビ、防汚性を出したい時に利用されます。
有機化学物質が気になる時、消臭性をつけたい時などに活躍します。
無光触媒は空気と反応して有害な化学物質を分解する作用があります。
光触媒は光が差し込まないと反応しませんが、無光触媒であれば日が差さないところでも空間をきれいにしてくれます。

 

まとめ

フロアコーティングの施工業者は、フロアコーティングのみならず内装のコーティング全般を担当しています。
フロアコーティング専業の会社もあるのですが、フロアコーティング以外のオプションを活用したい時は内装をトータルに担当できる業者を選びましょう。

サイト内検索
フロアコーティング関連コラム