フロアコーティングの最適な施工時期を学ぼう!新築時がおすすめ?

公開日:2022/07/15   最終更新日:2022/07/14

最適な施工時期従来のフローリングワックスと比べて圧倒的に耐久性が高いことが魅力のフロアコーティング。この記事では、フロアコーティングのメリットとおすすめの施工時期、依頼時の注意点についてご紹介します。部屋をきれいに保ちたい人はぜひ参考にしてみてください。

フロアコーティングはメリットがたくさん!

フロアコーティングとは、フローリングを傷や汚れから保護することを目的としたコーティングのことです。水性フロアコーティング・シリコンコーティング・ガラスコーティング・UVフロアコーティングの4種類があります。

それぞれ施工費用や光沢感などの違いがありますが、どのコーティング剤もフローリングワックスと比較すると剥がれづらく、耐薬品性や耐衝撃性などの性能を持ち合わせています。今回は、そんなフロアコーティングのメリットを4点ご紹介します。

定期的なメンテナンスが必要ない

一般的にフローリングワックスは剥がれやすく、13か月のスパンで定期的に塗り直さなければなりません。しかし、フロアコーティングは10~30年もの間、コーティングが剥がれることなく、床を守ってくれます。

そんな耐久性が圧倒的に高いフロアコーティングを使うことで、メンテナンスにかかる手間や負担を軽減してくれるでしょう。

よごれづらく、きれいなフロアを保てる

コーティング剤がフロアを保護してくれるため、きれいな状態を保てます。ものを落として床に傷がつくこともある程度防いでくれるでしょう。また、床に汚れが付きづらくなるので、さっとふき取るだけの簡単なお手入れで床の美観を保てます。

転倒防止につながる

床材によっては、つるつると滑りやすいものもありますよね。そんな床では子どもやお年寄りが転倒してしまう恐れもあるでしょう。その点、フロアコーティングには転倒防止効果があるため、安心です。

また、コーティング剤には厳しい基準を満たした、万が一口に入っても害のないものが使われています。赤ちゃんやペットがいる家庭でも、安心して使えるでしょう。

室内が明るくなる

フロアコーティングを施した床にはつやが出ます。そのため、照明や太陽の光を反射し、部屋全体を明るくしてくれるのです。

フロアコーティングの最適な施工時期

フロアコーティングを実施するのに最適な時期は、3つあります。入居前・新築時、需要が低い89月、湿気の少ない123月です。それぞれ詳しく解説します。

入居前・新築時

フロアコーティングをするには、家具や家電をすべて取り除かなければいけません。しかし、入居前ならばまだ荷物が入っていない状態なので、荷物を移動させる手間が省けます。

また、フロアコーティングは使用するコーティング剤によっては、乾燥に時間がかかることがあります。乾燥に気を遣いながら、部屋で生活するのはなかなか大変です。ときには、ホテル暮らしが必要なこともあります。

入居前であれば、乾燥が完了するのを待ってからその部屋で暮らし始められるため、そういった心配を考えずに済むでしょう。

さらに、一般的に入居前は、ハウスクリーニングが部屋を掃除してくれています。微細なゴミのないきれいな状態でフロアコーティングを実施すれば、フロアコーティングの質を高められるのです。同じ理由で、新しい家を建てる際には、完成してすぐにフロアコーティングをすることをおすすめします。

需要が低い89

入居前にフロアコーティングをするのが効率的であることから、入居の多くなる34月の春先は需要が高まります。そのため、このタイミングは予約がとりづらかったり、施工費用が割り増しになっていたりする傾向があります。

需要が落ち着くタイミングは、地域や業者によってさまざまですが、だいたい8~9月には予約がとりやすくなるといわれています。

湿気の少ない123

フロアコーティングはコーティング剤を乾燥させる必要があります。基本的に、乾燥させている間は、その部屋では過ごすことができないと考えておきましょう。

湿気が少ない冬には、比較的早くコーティング剤が乾燥してくれるため、できるだけ早く乾燥させたい状況であれば、123月を狙うとよいでしょう。

フロアコーティングを依頼する際の注意点

フロアコーティングは専門的な技術で施工されてこそ、高い効果を実現できます。そのため、フロアコーティングを依頼するときには、施工実績・技術力のある専門業者に依頼しましょう。

ハウスメーカーが勧めるフロアコーティング業者は専門業者でないこともあるので、しっかり見極めることが重要です。また、チェックしておきたいポイントとして、保証やアフターサービスが充実しているかが挙げられます。

フロアコーティングは、施工日の気候などで失敗してしまうこともあるものです。密着不良や硬化不良、剥がれや白華などの欠陥が生じるリスクもあります。保証期間と保証できる範囲をしっかり確認しておくと安心です。

そして、フロアコーティングの注意点はもうひとつあります。それは、施工することをあらかじめ、管理人や近隣住民に伝えておくことです。

フロアコーティング施工中は、においが発生します。異臭騒ぎやご近所トラブルが起こらないように、事前に知らせておきましょう。

 

この記事では、フロアコーティングのメリットとおすすめの施工時期、依頼時の注意点についてご紹介しました。フロアコーティングは、フローリングを傷や汚れから保護することを目的としたコーティングのことで、耐薬品性や耐衝撃性などの性能をもち合わせています。フロアコーティングを実施するのに最適な時期は、入居前・新築時、需要が低い89月、湿気の少ない123月です。また、施工には専門的な技術を要するため、施工実績・技術力のある専門業者に依頼しましょう。保証やアフターサービスをチェックすること、施工することを管理人や近隣住民に伝えておくことも重要です。

おすすめ関連記事

SEARCH

READ MORE

床を汚れや傷から守ってくれるフロアコーディング。部屋をきれいに保つためにもしておきたいですよね。そこでこの記事では、練馬区でおすすめのフロアコーティング業者を3社ご紹介します。フロアコートプ

続きを読む

東京でフロアコーティングを検討している方、依頼する業者は決まりましたか?フロアコーティングを請け負う業者は多数あり、どこに依頼するか悩む方も多いでしょう。この記事では、東京の板橋区でフロアコ

続きを読む

フロアコーティングをご存じですか?フローリング用の塗料を塗ってフローリングをきれいに保つことを言います。ワックスやフロア用のマニキュアに比べて、耐水性や耐久性が高い点が特徴的です。今回は世田

続きを読む

フロアコーティングは、従来のワックスに比べて、圧倒的に耐久性が高いのが特徴です。とはいえ、長持ちさせるためには、正しいメンテナンスを継続的に行うことも重要です。そこでこの記事では、フロアコー

続きを読む

従来のフローリングワックスと比べて圧倒的に耐久性が高いことが魅力のフロアコーティング。この記事では、フロアコーティングのメリットとおすすめの施工時期、依頼時の注意点についてご紹介します。部屋

続きを読む

現在、インターネットで“フロアコーティング”と検索すると、多くのサイトやホームページがヒットします。フロアコーティングはほとんどの人が人生で初めて行うものなので、どの業者がいいかなど分からな

続きを読む

フロアコーティングの施工をした方、これから施工を考えている方、フロアコーティングは施工をして終わりではありません。フロアコーティング施工後のお手入れは重要です。今回は、フロアコーティングの施

続きを読む

フロアコーティングは4種類あります。今回はその4種類、具体的にはUVフロアコーティング、ガラスフロアコーティング、シリコンフロアコーティング、そしてウレタンフロアコーティングのそれぞれの寿命

続きを読む

「フロアコーティング自分でできるのかな」「業者に頼むと高そうだから自分でできたらいいな」などと考えている方もいるでしょう。フロアコーティング用品はホームセンターで買い揃えられます。難しいコー

続きを読む

近年フロアコーティング業界に参入する企業が増えた一方で、悪質なフロアコーティング業者とトラブルになるケースも増えています。できることなら、優良な業者に頼みたいですよね。そこで今回は、よくある

続きを読む