フロアコーティングはいくら位でできる?大まかな費用相場を確認!

公開日:2022/03/01   最終更新日:2022/04/12

費用相場

「フロアコーティングは、いくら位でできるの?」「できるだけ安く施工できる方法ってあるのかな」こんな悩みはありませんか。フロアコーティングは得られるメリットも大きい一方で、費用に高いイメージをもつ方も多いと思います。今回は、フロアコーティングにかかる費用の目安やできるだけ費用を安く抑える方法について紹介します。

フロアコーティングの種類ごとの特徴

フロアコーティングには、種類ごとの特徴が違うようです。お手入れ法や滑りにくさ、見た目など種類ごとの特徴があるので、ぜひコーティング剤選びの参考にしてください。

UVコーティング

UVコーティングは、紫外線を照射して塗装する施工方法です。耐久年数は20年~30年。コーティングの中でも、もっとも耐久性に優れているコーティング剤です。

また塗膜が厚いため、長く美しさを保つ特徴があります。UVコーティングの仕上がりは、光沢が強く、ツヤ感がほしい方におすすめです。耐薬剤性もあるので、アルコール消毒や、洗剤にも強い特徴もあります。小さなお子様やペットがいるご家庭におすすめのコーティング剤です。

ガラスコーティング

ガラスコーティングは、強靭なガラス塗膜を使ったコーティングです。耐久年数は20年。硬度がもっとも高いため、キズに強い特徴があります。

フローリングの外見が変わらないのも特徴なので、光沢が苦手、あまりツヤを出したくないという方におすすめのコーティング剤です。滑り止め効果が薄く、小さなお子様やご高齢の方、ペットを飼っているご家庭には不向きかもしれません。

シリコンコーティング

シリコンコーティングとは、シリコン樹脂によって塗膜をつくるコーティングです。耐久年数は10年以上。UVコーティングやガラスコーティングと比べ、耐久年数は約半分ですが、安価に施行できる特徴があります。

滑り止め効果もあるので、小さなお子さまやご高齢の方、ペットがいるご家庭でも施工できます。しかし耐薬剤性が低く、取り扱いできる薬品が限られているので、注意が必要です。また時間が経つと黄色く変色する現象が起きやすいといわれています。

ウレタンコーティング

低価格が特徴なウレンコーティング。耐久性は5年~10年とやや短めです。施工しやすいウレタンコーティングは、補修も安価にすることが可能です。光沢が低いので、落ち着いた仕上がりになることが少なくありません。

フロアコーティングにかかる費用の目安

フロアコーティングでは、種類によって費用の目安も違ってきます。ここでは具体的に、フロアコーティングにかかる費用の目安について種類別に紹介します。

まず、UVコーティングの費用目安は、1平方メートルあたり、4,500円〜。20帖の場合、約16万円前後。フロアコーティングの中でもっとも高額なコーティング剤です。ガラスコーティングの費用目安は、1平方メートルあたり、3,500円~。20帖の場合、約13万円前後です。

続いて、シリコンコーティングの費用目安は、1平方メートルあたり、3,000円~。20帖の場合、約10万円前後でしょう。最後にもっとも安いといわれるウレタンコーティングの費用目安は、1平方メートルあたり、1,500円~。20帖場合、約7万円前後となります。

フロアコーティング費用を安く抑える方法

フロアコーティング費用を安く抑える方法で大切になるのは業者選びです。業者選びは、費用を安く抑えるだけではなく、仕上がりにも大きく関わってくるので慎重に選びましょう。

フロアコーティングにかかる費用の目安を見た方のなかには「思っていたよりも高い…安く抑えたいな」と考えている人も多いと思います。しかし、金額だけで業者を選ぶのは危険です。

近年、フロアコーティングの需要の高まりにより、参入する業者は増えています。残念ながら、なかには悪質な業者がいるのも事実です。悪質な業者に施工依頼してしまった場合、料金トラブルとなり多額の請求を求められる可能性もあります。

たとえば「最初に出してもらった見積もりの金額よりも、料金が高かった」というケースはよくあります。施工中にオプション作業の追加が必要になったなど、追加でオプション費用請求してくる場合もあるようです。また、悪質な業者へ依頼してしまった場合、施工不良によるトラブルで修理費を請求されることもあります。

最終的な金額を抑えるためにも、最終金額はいくらになるのか、追加費用はかかるのかはきちんと確認しておきましょう。また、修理費を抑えるために、保証内容や保証期間についても確認しておくと安心です。

 

今回は、フロアコーティングにかかる費用の目安や、フローリング費用を安く抑えるための方法について紹介しました。フロアコーティングにはさまざまな種類があり、自分のライフスタイルに合ったコーティング剤を選ぶことが大切です。

「こんなはずじゃなかった」と後悔しないよう基礎知識を押さえておきましょう。またフローリング費用を安く抑えるためには業者選びが大切です。業者を選ぶときは、ホームページや口コミなどを参考に慎重に選びましょう。

おすすめ関連記事

SEARCH

READ MORE

フロアコーティングの施工をした方、これから施工を考えている方、フロアコーティングは施工をして終わりではありません。フロアコーティング施工後のお手入れは重要です。今回は、フロアコーティングの施

続きを読む

フロアコーティングは4種類あります。今回はその4種類、具体的にはUVフロアコーティング、ガラスフロアコーティング、シリコンフロアコーティング、そしてウレタンフロアコーティングのそれぞれの寿命

続きを読む

「フロアコーティング自分でできるのかな」「業者に頼むと高そうだから自分でできたらいいな」などと考えている方もいるでしょう。フロアコーティング用品はホームセンターで買い揃えられます。難しいコー

続きを読む

近年フロアコーティング業界に参入する企業が増えた一方で、悪質なフロアコーティング業者とトラブルになるケースも増えています。できることなら、優良な業者に頼みたいですよね。そこで今回は、よくある

続きを読む

フロアコーティングをしたからには美しいフローリングを1日でも長く保ちたいものです。美しいフローリングを保つためには、日々のお手入れがかかせません。しかしフローリングのお手入れを間違えると、し

続きを読む

フロアコーティングはキズや汚れに強く、お手入れが楽になったり、美しいフローリングを長く保てたりとさまざまなメリットがあります。今回は、フロアコーティングを考えている方に向けて、フロアコーティ

続きを読む

フロアコーティングは近年、日本でも注目されている施工方法です。技術力のある業者に依頼することで、床の保護と美観の維持が期待できます。一方、経験の少ない業者を選択した結果、トラブルに見舞われて

続きを読む

定期的な塗り直しが必要なワックスに比べ、耐用年数が長く手間がかからないのがフロアコーティングです。床に傷が付いたり、油で汚れたりといった悩みを解決する手段としておすすめ。この記事では、フロア

続きを読む

「フロアコーティングは、いくら位でできるの?」「できるだけ安く施工できる方法ってあるのかな」こんな悩みはありませんか。フロアコーティングは得られるメリットも大きい一方で、費用に高いイメージを

続きを読む

「フロアコーティングするのに最適なタイミングってあるの?」こんな悩みはありませんか。フロアコーティングは、新築やリフォーム後など入居する前の施工がおすすめです。今回は、入居前にフロアコーティ

続きを読む