東京でおすすめフロアコーティング業者を口コミや相場価格から徹底比較

フロアコーティング後に傷ができた時の対処方法

フロアコーティング施工、居住中はどう行う?家具などは?

貴方の家のフローリングは綺麗ですか?新築する際や引っ越しをした際に、フロアコーティングを施しましたか?
フロアコーティングを施しているフローリングと施していないフローリングでは家の寿命も変わってきます

フローリングは水に弱く、薬剤に対しての耐性も弱いです。そのまま知らずに水拭きをして、クレヨンやマジックの汚れをアルコールや除光液などの薬剤で拭くと傷んでしまいます。

その点、フロアコーティングをしているフローリングは、水に強く傷がつきにくい、撥水性が高く汚れを落としやすいというメリットがあります。フロアコーティングにもいくつか種類があります。

価格は、一番高く強度も強いガラスコーティング、耐久年数は一番短く価格も一番安くて使いやすいアクリルコーティング、アクリルにシリコンを混ぜた薬剤に対しての耐久性もあるシリコンコーティング、ペットやお子さまも安心して使うことができ耐用年数は20年のUVコーティングがあります。

フロアコーティングをすることで、赤ちゃんがジュースをこぼしたり、テーブルからご飯をこぼしてしまった際の汚れを防止したり、歩き始めておぼつかない足取りの赤ちゃんの転倒も防止します。
ペットがフローリングで粗相をしても、アルコールでさっと拭くことができ、衛生的に保つことができます。

では、この便利なフロアコーティングですが、コーティングしたあとにできてしまった傷はどうすればいいのでしょうか?

 

コーティングをしても傷は付いてしまうもの

コーティングをすれば、傷は絶対につかないと思っていませんか?
コーティングは万能というわけではなく、家具を移動させたりペットの爪、お子さまがおもちゃを投げたりするとどうしても傷ついてしまいます。

コーティングをしていないフローリングと比較すると、確かに傷はつきにくく汚れにも強くなりますが、何度も外から衝撃を与えると傷はついてしまいます。コーティングとは、傷をつけないものではなくつけにくくするものと覚えておきましょう。

フロアコーティングをしたあとに見つけてしまったフローリングの傷。大きいものだと業者を呼んで直さなくてはいけませんが、小さなものだと業者を呼んでいいのか迷ってしまうという人もいるでしょう。
では、小さな傷の場合の対処法方はどうすればいいのでしょうか?

実は小さな傷の場合、自分で簡単に直すことができます。
ホームセンターへ足を運ぶとフローリングを直す道具がおいてありますが、そのなかでも色のついた熱でとけるハードワックスを使用します。

傷口をとったらフローリングに合わせてハードワックスを流します。
大きな傷に関しては熱して溶かしたハードワックスをスプーンで流し込んで傷を目立たなくさせるという方法もあります。

傷口をハードワックスで埋めたら、スクレーパーで平らにしていきます。
凹んだ傷の場合スチームを当てると木材は水分を吸って膨張します。この膨張した時にハードワックスを流しこむとうまく隙間に入りやすくなります

それでも凹みが直らない場合、粘土状の補修材で傷や凹みを埋めていきます。
埋めた後にハードワックスで色の調節をして仕上げます。この傷が大きくなってしまうと凹みが大きくなってしまったり、靴下やタイツが引っかかったり、転んでけがをしてしまう恐れがあります。

こういった状態を防ぐためにも小さな傷でもしっかりと直すようにしましょう。
ハードワックスは使えるか不安、という人は傷かくしテープというものがあります。ホームセンターへ行けばこの傷かくしテープが取り扱っているので、床の色に合わせてテープを購入しましょう。

本格的に傷を治すなら、深い傷のある場所に専用のパテをつめて、木目を表現して修復するという方法があります。手先が不器用な人でもできる、専用のクレヨンで補習していく方法です。クレヨンを温めて柔らかくしたら、傷の部分に塗り込んで冷ませば完了です。

 

不器用な人でも簡単に修復できるものがたくさんあります

フリーリングの傷かくしは難しいと考えている人もいるかもしれませんが、実は不器用な人でも簡単に修復できるキットがたくさんあります。フローリングはコーティングをしても必ず傷ができないという訳ではなく、傷をできにくくする効果があります。

家具の移動やその他の要因で、床には簡単に傷がついてしまいます。そんな傷を少しでも改善するためにも、市販のフローリング修復キットがおすすめです。中には本格的に修理するキットもあり、しっかりフローリングを修復したいという人から注目されています。

フローリングは水に弱く、アルコールに対しての耐性も弱いです。フローリングを水や薬品から守るためにも、傷ついたフローリングはすぐに治しましょう。また、自分で修復してもフローリングが直らなければ、業者へ依頼をしてすぐに治してもらえば、フローリングの腐食を防ぐことが出来ます。