フロアコーティング依頼時・施工後それぞれの注意点を詳しく解説!

公開日:2022/03/15   最終更新日:2022/04/12

フロアコーティングはキズや汚れに強く、お手入れが楽になったり、美しいフローリングを長く保てたりとさまざまなメリットがあります。今回は、フロアコーティングを考えている方に向けて、フロアコーティング依頼時・施工時それぞれの注意点を解説します。「こんなはずじゃなかった」と後悔しないためにも、注意点をしっかり理解しましょう。

フロアコーティングの魅力

フロアコーティングは、決して安い買い物ではありません。「やってみたい」と思っていても、どんな魅力があるのか分からなければ、なかなか申し込みに踏み切れませんよね。ここでは、フロアコーティングの魅力を解説します。

まずフロアコーティングの最大の魅力は、美しいフローリングを長く保てることです。たとえば、UVコーティング、ガラスコーティングをした場合、耐久年数は20年とされています。経年劣化を抑える効果もあるので、新築でフロアコーティングを施工した場合、本来の質感を長く保て資産価値を守れることになります。

またフロアコーティングは、キズや汚れに強く、お手入れが楽になるという魅力もあるようです。コーティング剤によっては滑り止め効果もあるので、お子様やペットがいるご家庭には、うれしいですね。

フロアコーティング依頼時の注意点

フロアコーティング依頼する際にもっとも大切なのは、優良な業者に頼むことです。近年、悪質なフロアコーティング業者とトラブルになるケースも増えています。ここでは、フローリング依頼時の注意点を3つ紹介します。

複数の業者に見積もり依頼する

フロアコーティングは、業者によって価格もさまざまです。まずは気になった複数の業者に見積もり依頼し、相場を知りましょう。見積もりを出してもらう際は、最終金額がいくらになるのか、オプションで追加料金が発生する可能性があるかについても確認しておくことが大切です。

たとえば、よくきく料金トラブルの1つが「見積もり金額よりも、請求料金が高かった」というケースです。施工中、オプション作業が必要になったと追加の料金を請求してくる業者もあります。見積もりを出してもらう際は、最終金額がいくらになるかを明確にしておきましょう。

保証制度について

依頼の際は、必ず保障制度について確認しましょう。フロアコーティングは、技術が求められる作業であり、天候や湿度の影響も大きく受けます。どんなに優良な業者に依頼した場合も、施工不良にあう可能性は充分に考えられます。

「補修費に多額の金額を請求されてしまった」と後悔しないためにも、保証期間や保証内容はしっかりと確認しておきましょう。トラブルに備えて、保障制度は必ず確認しましょう。

現地調査について

多くの業者では、事前に現地調査の時間を設けています。現地調査とは、施工前日までに現地のフローリングの状態を確認する調査のことです。直接フローリングの状態を確認することで、施工不良のトラブルを予防します。

現地調査がない業者では、後に施行トラブルの原因となることもあるので、きちんと事前調査してくれる業者を選ぶことをおすすめします。

フロアコーティング施工後の注意点

耐久性に優れているフロアコーティングですが、不適切なお手入れをしてしまうと剥がれてしまう原因になるようです。ここでは、フロアコーティング施工後の注意点について、2つ紹介します。

お手入れ方法に注意する

フロアコーティングは、不適切なお手入れをすると剥がれの原因になってしまいます。耐久性に優れているといわれるフロアコーティングですが、耐久年数は正しい使い方をした場合の年数です。

たとえば、禁止されている薬剤やクリーナーを使用したり、水がついた状態で放置したりすると剥がれの原因になります。フロアコーティングの基本のお手入れは乾拭き、もしくは固く絞った雑巾での拭きあげです。

コーティングは、水や湿気に弱い特徴があるので、床が濡れてしまったときはすぐに拭き取りましょう。また禁止されている薬剤は、コーティングの種類によって異なるので確認が必要です。

熱による剥がれに注意する

フロアコーティングは、熱によって剥がれてしまうことがあるので注意が必要です。たとえば、スチーム蒸気でお手入れをしてしまった場合、もしくはホットカーペットなどの熱が原因で剥がれてしまうこともあります。

ホットカーペットを利用する際は、断熱シートを敷くなどして、熱による劣化を防ぐことが大切です。またスチーム蒸気は、対応していないコーティング剤もあるため、必ず業者に確認してください。

 

今回は、フロアコーティング依頼時・施工時にそれぞれ注意するべき点を解説しました。フロアコーティングを依頼する際は、複数の業者に見積もりを依頼し、保証制度や現地調査についてしっかりと確認しておきましょう。

その際に、コーティング剤の種類や相場の基礎知識をもっておくと安心です。施工後は、美しいフローリングを保つためにお手入れ方法に気をつけましょう。

おすすめ関連記事

SEARCH

READ MORE

フロアコーティングの施工をした方、これから施工を考えている方、フロアコーティングは施工をして終わりではありません。フロアコーティング施工後のお手入れは重要です。今回は、フロアコーティングの施

続きを読む

フロアコーティングは4種類あります。今回はその4種類、具体的にはUVフロアコーティング、ガラスフロアコーティング、シリコンフロアコーティング、そしてウレタンフロアコーティングのそれぞれの寿命

続きを読む

「フロアコーティング自分でできるのかな」「業者に頼むと高そうだから自分でできたらいいな」などと考えている方もいるでしょう。フロアコーティング用品はホームセンターで買い揃えられます。難しいコー

続きを読む

近年フロアコーティング業界に参入する企業が増えた一方で、悪質なフロアコーティング業者とトラブルになるケースも増えています。できることなら、優良な業者に頼みたいですよね。そこで今回は、よくある

続きを読む

フロアコーティングをしたからには美しいフローリングを1日でも長く保ちたいものです。美しいフローリングを保つためには、日々のお手入れがかかせません。しかしフローリングのお手入れを間違えると、し

続きを読む

フロアコーティングはキズや汚れに強く、お手入れが楽になったり、美しいフローリングを長く保てたりとさまざまなメリットがあります。今回は、フロアコーティングを考えている方に向けて、フロアコーティ

続きを読む

フロアコーティングは近年、日本でも注目されている施工方法です。技術力のある業者に依頼することで、床の保護と美観の維持が期待できます。一方、経験の少ない業者を選択した結果、トラブルに見舞われて

続きを読む

定期的な塗り直しが必要なワックスに比べ、耐用年数が長く手間がかからないのがフロアコーティングです。床に傷が付いたり、油で汚れたりといった悩みを解決する手段としておすすめ。この記事では、フロア

続きを読む

「フロアコーティングは、いくら位でできるの?」「できるだけ安く施工できる方法ってあるのかな」こんな悩みはありませんか。フロアコーティングは得られるメリットも大きい一方で、費用に高いイメージを

続きを読む

「フロアコーティングするのに最適なタイミングってあるの?」こんな悩みはありませんか。フロアコーティングは、新築やリフォーム後など入居する前の施工がおすすめです。今回は、入居前にフロアコーティ

続きを読む