東京でおすすめフロアコーティング業者を口コミや相場価格から徹底比較

フロアコーティングの色の違い。経年による変色はある?

フロアコーティングの色の違い。経年による変色はある?

あなたの家はフロアコーティングをされていますか?

〇フロアコーティングとは
床の美しさや清潔さを長く維持するために、様々な薬剤を使用して床の表面に樹脂でできた皮膜でコーティングを施す作業のことをいいます。

〇コーティングをしている床としていない床では床の耐久年数が大きく違うことはご存知でしょうか?
実はフローリングは住み始めてから5年も経過すると、傷やシミで傷んでしまいます。
傷んだところから水分や油分がしみ込んで、腐食してしまうことで床が更に脆くなってしまう事があります。
こういった腐食を防ぐためにも、強度が強く汚れを弾く効果の強いフロアコーティングがおすすめです。
しかし、このフロアコーティング、経年による色の変化はあるのでしょうか?

 

なぜ色が変化してしまうの?

フロアコーティングにはガラスコーティングUVコーティングに分かれるのはご存知でしょうか?

〇ガラスコーティングとは
基本的に無機質で一番変色しにくいコーティング剤といわれ、多くのコーティング剤はこのガラスコーティングを採用しています。

〇一方UVコーティングとは
有機質な性質なので、長い時間が経過してしまうと変色する可能性が高くなってしまいます。
長い時間が経過するとコーティングされたものが黄色く変色し始めます。
ですから白系のフローリングにUVコーティングをかけてしまうと余計に変色したことがわかってしまいます。
変色以外ではUVコーティングが脆くなってしまい剥がれてしまい、その剥がれた場所から腐食が始まります。

〇注意点
・コーティング中は水拭きをしてもコーティング剤が水をはじくので問題はありませんが、元々フローリングは水が苦手です。
なので、剥がれたことを知らずに水拭きすると腐食の原因になるのです。

・またUVコーティングというのは、紫外線で硬化する性質があります。
しかし、長い間直射日光に晒されるとフローリングが日焼けをしてしまいます。
この日焼けも変色してしまう原因なのです。

・例えば同じUVコーティングでもEPCOATなら紫外線をカットする成分が含まれているので、日焼けによるダメージを軽減します。
ですが、先ほども説明したようにUVコーティングは紫外線で硬化させるのでこの紫外線カットを含めることはできません。
ですから対策としては窓ガラスに紫外線をカットするフィルムを貼るといいでしょう。

・最近、塩化ビニール製製品のマットをフローリングの上に敷いてしまう事で色移りをしてしまったということもあります。
この現象はコーティングがあってもなくても起こる可能性があります。
マットを購入する際は製品についている注意事項をかならず読んでから購入するようにしましょう。

 

一番お勧めなのは「ガラスコーティング」

〇なぜUVコーティングよりもガラスコーティングをお勧めしているの?
①まず強度が全然ちがいます。UVコーティングはウレタン素材で出来ています。
一方ガラスコーティングが細かく粉砕したガラスを混ぜたものを塗るので、強度の面では断然ガラスコーティングです。

小さな傷ならつきにくく、油や水も弾いてマジックやクレヨンでお子様が落書きしても除光液でさっと落とすことができます。
本来フローリングは薬液や水分に油分は苦手です。
しかし、ガラスコーティングをすることで、こういったアルコールや除光液などの薬に対しても大丈夫です。

③冬になるとお子様が感染症になって嘔吐してしまうこともあるかと思います。
その際に次亜塩素酸ナトリウムで消毒をするのが基本ですが、コーティングを施していない床だと傷んでしまいます。
しかし、コーティングをしているということで、次亜塩素酸ナトリウムを使用しても床が傷つくこともなく、コーティングの影響でフローリング内部に侵入することを防ぎます。
UVコーティングは皮膜が厚いので塗った後は不自然なつやめきが残ってしまいます。

④一方でガラスコーティングは塗った直後はつやめきがありますが、乾いてくるとややマットな見た目になります。
紫外線による形成変化も起こらないため、耐久年数は30年と長い間フローリングをしっかり守ります。

皮膜もUVコーティングと比較すると非常に薄いため、柔軟性がありひび割れが起こりにくいのが特徴です。
また紫外線カット材を含んでいるものがあり、紫外線カット材が入ることで紫外線による劣化を防ぐことが出来ます。

⑥フロアコーティングで人気の森のしずくでは、ガラスコートは非常に人気があります。
耐久性もあり水や油を弾く効果も高いというだけではなく、30年間の安心保証がついているということもあります。
エコプロコートはUVコートもガラスコートもお客様の好きな方で選べます。

フロアコートはお客様の大切な住居の床をしっかりと守っていくための重要なものです。
そのためには目的に合ったコーティングを行わないと耐久性が弱く、すぐにフローリングが傷んでしまうので注意しましょう。