東京でおすすめフロアコーティング業者を口コミや相場価格から徹底比較

フロアコーティングにかかる費用はいくら?

フロアコーティングのコーティング剤に関しては多種多様なタイプがありいずれを選択すれば良いか分からないままで迷ってしまいがちといえます。

それぞれに商品価格が変わり、機能にも開きがありますので、費用の見極めを誤らないことが大切です。

 

 

 

種類によって必要となるコストは異なります

メリットが非常に多くデメリットが少なくて済む、質の良い商品にはそれなりのコストがかかります。

価格が高い金額のものは、UVコーティング及びダイアコーティングがあげられます。

いずれも1㎡当たり5000円以上と安価ではありませんが、20年から30年という耐久年数や施工した後のメンテナンスのシンプルさ、施工の美しさなどからトータルで考慮すると、コストパフォーマンスが高いと言えるでしょう。

アクリルコーティングに関しては、マニキュアのようなものだと考えられるかもしれません。

硬度はとても弱く、ワックスと見比べて若干強いというポジションです。

傷、あるいは汚れを抑止する効果もワックスよりはいくらかあるといったところでしょう。

ウレタンコーティングは、対費用効果がそれほど高くないと考えられます。

シリコンとさほど値段差はないのに、耐久年数はシリコンと比べて劣るからです。

さらにウレタンに関しては、コーティング剤に毒性を持つ物質も加わっていることから、安全性を大事に考える方にはそれほどおすすめできません。

体にダイレクトに影響を与えることを意味しているのではありませんが、耐久年数も含めて考慮しても、ウレタンと照らし合わせるとシリコンをセレクトしておいた方が安心かもしれません。

 

結果的にはリーズナブルといえます

商品価格を見ると結構高いと感じられる人も多いと言えるでしょう。

一番高額となっているUVコーティングに関しては、20万から30万円くらいはかかります。

そうは言っても、長いスパンで見るとお得といえます。

コーティングは行わない場合、通常の場合ホームセンター等で販売されている市販されているワックス材を活用することによって6ヵ月に1回のメンテナンスが欠かすことはできません。

ワックスに関しては、安価なもので500円、高価なもので1万円ぐらいしますが原則としてツヤだしを目的としていることから、持久性はなく塗り直しを欠かすことが出来ません。

さらに、水あるいは洗剤、薬品などにも耐性がなく飲みこぼし並びに油の飛び散りなどで溶けます。

その上、ワックスを塗装したら乾くまでに1時間ぐらいかかることから、お休みの日などに相当な時間を掛けることになります。

たくさんの労力を使う割に、耐用年数は3~5年と非常に短く、その間も生活が影響する家財道具の引きずりやペットの傷、食べこぼしによって床の傷は進行します。

あらためていうまでもなく、傷を負わされた床の資産価値はダウンしますし、かりに住居を譲渡する場合も価値を下げることになります。

そういったところコーティングは長いタイプで30年の耐久性が見込めます。

 

コストを抑制するためのポイント

コーティングのコストを抑制するには安い液剤を活用することが効果を見せますが、安いには自明のことですが理由があります。

ですので、安易に販売価格が安いからと安物のコーティング剤で施工しないようにすることが必要です。

なんでも良いからしておこうというケースや、目先のコストを減らしたい場合でなければ、自身の目的にフィットする、良質なコーティング剤を活用してコーティングを行うことを意識しましょう。

コーティングで重要なのは専門会社選考です。

安い値段を強く主張している専門業者がネット上に多いですが、良くない業者の場合、コーティング剤のランクを無責任に下げたり、溶剤を薄めて施工するケースもあります。

工賃の安価な経験不足の作業者に施工させることもあり得ますので、依頼するときは専門業者選考に対して真正面からこだわりを持つことが必要です。

どういった専門業者に対してお願いしてよいのかわからないケースではいくつかの会社で見積もりを行うようにしましょう。

非常識に割高な業者と並はずれて価格の非常に低い業者は除外して、しっかりした販売価格の業者から、信頼することができると結論づけした業者にお願いするようにすると、満足度の非常に高いコーティングをしてもらうことができます。

 

フロアコーティングについて大事になってくるのは、自分自身が準備できる費用の限度内で条件の良いものを見つけ出すということです。

一口にコーティングと言いましても多種多様なタイプがありますので、その内から相応しいものを選定することは難しいといえます。

我が事の様にアドバイスしてくれる業者を見つけ、1㎡に対するコストの相場を参考に、現実にコーティングをした場合どの程度のコストがかかるのかをチェックしましょう。

サイト内検索
フロアコーティング業者ランキング
森のしずく
エコプロコート
グッドライフ
株式会社ジェブ
エススタイル