フロアコーティングのおすすめ施工タイミングについて解説!

公開日:2022/03/01   最終更新日:2022/04/12

タイミング

「フロアコーティングするのに最適なタイミングってあるの?」こんな悩みはありませんか。フロアコーティングは、新築やリフォーム後など入居する前の施工がおすすめです。今回は、入居前にフロアコーティングをおすすめする理由やフロアコーティングする際の流れを解説します。フロアコーティングの利点も紹介するので、ぜひご覧ください。

フロアコーティングを行う利点とは?

「フロアコーティングをやってみたい」と思っていても、実際どんなメリットがあるか分からなければ、なかなか申し込みに踏み切れませんよね。ここでは、フロアコーティングのメリットについて、3つ紹介します。

お手入れが楽

フロアコーティングはキズや汚れに強い特徴があり、日々のお手入れがグッと楽になります。コーティングにより床に膜が張った状態になるので、床に染みこみやすい油汚れや食べこぼし、着色しやすいジュースなどの汚れも、シミになりにくいようです。

また、フロアコーティングしていない場合、定期的にワックスをかけている方も多いのではないでしょうか。フロアコーティングは、耐久性が優れているメリットもあり、一度施工してしまえば定期的なワックスがけは不要になります。

お子様がいて、食べこぼしが気になるご家庭や定期的なワックスがけが面倒という方におすすめです。

美しいフローリングを長く保てる

フロアコーティングでは、美しいフローリングを長く保てるメリットもあります。耐久性はコーティングの種類によって違いはありますが、半年に一度塗りなおしが必要なワックスと比べると圧倒的に耐久年数は長いでしょう。

たとえば、もっとも耐久性にすぐれているUVコーティングやガラスコーティングをした場合、耐久年数は20年とされています。キズや汚れを防ぐだけではなく、経年劣化を抑える効果もあるので、新築でフロアコーティングを施工した場合、本来の質感を長く保てるでしょう。

滑り止め効果がある

フロアコーティングには、滑り止めの効果もあることをご存知でしょうか。ピカピカと光沢感のある床は、滑りやすそうに見えるかもしれません。しかし実際は、コーティングによって、滑り止め効果が期待できます。小さなお子様やご高齢の方にはもちろん、ペットを飼っている方にもおすすめです。

コーティング剤は、安全基準を満たした薬剤を使用しているので、お子様やペットがなめてしまっても問題ありません。しかしなかには、滑り止め効果がない種類のコーティング剤もあるので、滑り止め効果を重視する場合は業者に相談してみてください。

フロアコーティングのおすすめ施工タイミング

「新築を購入した際にフロアコーティングをすすめられたけど、どうしよう」と悩んでいる方もいると思います。実はフロアコーティングには、最適な施工タイミングがあります。施工は、新築時もしくはリフォーム後など入居する前がもっともおすすめのタイミングです。

施工の際は、家具を部屋から移動させる必要があります。家具のない新築やリフォーム後の状態での施工では、家具を移動させる手間が省けるでしょう。

またコーティングの種類によっては、乾燥までに23日かかってしまう場合もあります。施工の間、生活に制限がかかってしまうこともあります。そのため、コーティングはできるだけ入居前の施工がよいでしょう。

フロアコーティングの施工の大まかな流れ

ここからは具体的に施行までの流れを見ていきましょう。

1.施工業者選び

近年フロアコーティングに参入している企業は増えました。選択肢がふえた一方で、悪質な業者がいることも事実です。施工業者は慎重に選びましょう。

2.コーティングの種類を決定

コーティングは、種類によって耐久年数やお手入れ方法、滑りにくさなど、さまざまな違いがあります。ご自身のライフスタイルに合った種類のコーティングを選びましょう。

3.見積もり

施工業者が決まったら、見積もりを依頼しましょう。ほとんどの業者で無料見積もりを出してもらえます。はじめてのフロアコーティングの場合「価格の相場が分からず、業者を決められない」と悩んでしまう方も多いと思います。

そんなときは、見積もりを数か所の業者に依頼し、気に入った業者に絞る方法もおすすめです。

4.事前準備

コーティングの種類や日程が決まったら、いよいよ事前準備がはじまります。施工場所や施工内容について、現地にて実際に確認しながら説明があります。

5.フロアコーティング施工

施工は、ほこりなどの侵入をさけるために業者スタッフ以外は入室禁止となるようです。施工内容や範囲にもよりますが、6~10時間ほどで終了します。

6.終了後の立ち合い

施工が終わり、完全に乾燥したら施工後に確認します。トラブル防止のためにも、納得がいかないと感じたところは、しっかりと伝えておきましょう。

 

今回は、フロアコーティングのおすすめ施工タイミングについて紹介しました。新築時やリフォーム後など入居する前にフロアコーティングすることで、よりきれいな状態を長く保てます。

コーティングは耐久性にすぐれているので、入居時に一度施工してしまえば、日々のお手入れが楽になったり、定期的なメンテナンスがいらなくなったりするなどメリットも大きいでしょう。ぜひフロアコーティングを検討してみてはいかがでしょうか。

おすすめ関連記事

SEARCH

READ MORE

フロアコーティングの施工をした方、これから施工を考えている方、フロアコーティングは施工をして終わりではありません。フロアコーティング施工後のお手入れは重要です。今回は、フロアコーティングの施

続きを読む

フロアコーティングは4種類あります。今回はその4種類、具体的にはUVフロアコーティング、ガラスフロアコーティング、シリコンフロアコーティング、そしてウレタンフロアコーティングのそれぞれの寿命

続きを読む

「フロアコーティング自分でできるのかな」「業者に頼むと高そうだから自分でできたらいいな」などと考えている方もいるでしょう。フロアコーティング用品はホームセンターで買い揃えられます。難しいコー

続きを読む

近年フロアコーティング業界に参入する企業が増えた一方で、悪質なフロアコーティング業者とトラブルになるケースも増えています。できることなら、優良な業者に頼みたいですよね。そこで今回は、よくある

続きを読む

フロアコーティングをしたからには美しいフローリングを1日でも長く保ちたいものです。美しいフローリングを保つためには、日々のお手入れがかかせません。しかしフローリングのお手入れを間違えると、し

続きを読む

フロアコーティングはキズや汚れに強く、お手入れが楽になったり、美しいフローリングを長く保てたりとさまざまなメリットがあります。今回は、フロアコーティングを考えている方に向けて、フロアコーティ

続きを読む

フロアコーティングは近年、日本でも注目されている施工方法です。技術力のある業者に依頼することで、床の保護と美観の維持が期待できます。一方、経験の少ない業者を選択した結果、トラブルに見舞われて

続きを読む

定期的な塗り直しが必要なワックスに比べ、耐用年数が長く手間がかからないのがフロアコーティングです。床に傷が付いたり、油で汚れたりといった悩みを解決する手段としておすすめ。この記事では、フロア

続きを読む

「フロアコーティングは、いくら位でできるの?」「できるだけ安く施工できる方法ってあるのかな」こんな悩みはありませんか。フロアコーティングは得られるメリットも大きい一方で、費用に高いイメージを

続きを読む

「フロアコーティングするのに最適なタイミングってあるの?」こんな悩みはありませんか。フロアコーティングは、新築やリフォーム後など入居する前の施工がおすすめです。今回は、入居前にフロアコーティ

続きを読む