東京でおすすめフロアコーティング業者を口コミや相場価格から徹底比較

赤ちゃんにも安心なフロアコーティングとは

赤ちゃんにも安心なフロアコーティングとは

家のフローリングをどうにかしたいと考えたことはありますか?
艶がなく、汚れを吸い込んで傷んでしまったフローリングに悩んでいる人がいませんか?
傷んでしまった家をリフォームする際にフローリングについて考えている人もいるでしょう。
フローリングは傷つきやすく、黒ずみや雑菌の繁殖で傷んでしまったというケースも多いです。
赤ちゃんの場合、ハイハイなどで床近くを動き回ります。
そんな時に床が汚いと赤ちゃんの手のひらや足に汚れや雑菌が付着してしまいます。
赤ちゃんは口になんでも入れたがるので、床で汚れた手を口の中に入れてしまい、そのまま感染症にかかってしまったということも少なくありません。
しかし、フローリングは水に弱いので水拭きをすると床が傷んでしまいます。

何か解決策はあるのでしょうか?

 

森のしずくのフローリングなら赤ちゃんにも優しい

業界初の30年間安心保証がついており、赤ちゃんやペットにも優しいフローリング剤で有名な「森のしずく」をご存知でしょうか?
森のしずくは安心保障だけではなく、完全自社スタッフが施工していることで何かあった時もスピーディに対応でき、丁寧にフローリング材を塗っていきます。
明確な料金でお客様に安心していただくことと、様々な割引や特典にショールームを完備していることから、今多くのお客様から選ばれているフロアコーティング業者です。

 

では、赤ちゃんにやさしいフロアコーティングの秘密は何でしょうか?

〇ポイント
①まず基本的にシックハウス症候群となる成分を含まない商品を使用します。
赤ちゃんはなんでも口にいれて確かめたがるので、赤ちゃんが床をなめてしまっても安心です。

②つかまり立ちや歩き始めのころでおぼつかない歩き方をしている赤ちゃんは、コーティング剤を使用した床は滑りやすく転倒をしてしまう事が多いです。
しかし、森のしずくが取り扱っているフロアコーティング剤は、ノンスリップ効果で足腰の負担を軽減します。
転倒しにくいので歩き始めたばかりの赤ちゃんでも床が滑って転倒してけがをしたという事故を防ぎます。

③赤ちゃんはケチャップなどの調味料だけではなく、ジュースやお菓子の食べこぼしは日常茶飯事です。
また、いたずらをする時期になれば、クレヨンやマジックでいたずら書きもはじまります。
クレヨンやマジックの汚れは落としにくく、落とす際にごしごしこすってフローリングが傷ついてしまったという話は珍しくありません。
そんな汚れにも防汚効果のあるコーティング剤を使用すれば、シンナーや除光液で落とすことができます。

④他にも素足で歩く際の人間の皮脂も普段の掃除で落とすことが出来るので衛生的に保てます。

⑤赤ちゃんはブロックなどおもちゃで遊ぶことが大好きです。
ブロックを積み上げては崩したり、レールを作って電車遊びをしたりなどたくさんの遊びを毎日繰り返します。
すると、床にはいつの間にか無数の傷ができてしまいます。
そんな時も傷に強いコーティング剤を使用することで、小さな傷を防ぎます。
この小さな傷を防ぐことでそこから腐食してフローリングが傷んでしまうのを防ぎます。

⑥冬になると感染症が流行し、嘔吐をしてしまうお子様が増えるかと思います。
通常の何もしていないフローリングだと、次亜塩素酸ナトリウムで消毒すると床を傷めてしまうのですが、コーティングをすることで、次亜塩素酸ナトリウムを使用してもコーティング剤がはがれて、床を傷める心配もありません。
いつでも清潔なフローリングを維持することが出来るので、家庭内においても感染症予防に効果を発揮します。

 

赤ちゃんが安心して暮らせる家づくりはフローリングから

赤ちゃんが安心してのびのび育てやすい家を作るにはフローリングから考えてはいかがでしょうか?
フリーリングは家を作る上では絶対になくてはならないもので、歩いたり座ったり、家具を置いたりします。
このフローリングにコーティングがされている床とされていない床では明らかに寿命がことなり、コーティングをされている床のほうが傷に強く汚れを弾き、消毒剤を使用しても傷まないのが特徴です。

赤ちゃんはなんでも口に入れたりなめたり、ものを投げたりなどいろんな行動をとります。
そんなとき、床がきれいにされていないと、その汚れが付いた手を口に含んでしまうので、赤ちゃんにとっては暮らしにくい住環境になってしまいます。
コーティングされた家なら、毎日水拭きしても床を傷めず、油汚れも弾くので掃除しやすくなりいつでも清潔に保てます。

〇傷に強く衛生的な床にしたいなら
ナノグラスコートがいいでしょう。
ナノピークスというコーティング剤も傷に強く光沢がでますが、ナノグラスコートは艶を押さえた外観になりますが、その分強度をぐっと高めることができます。
赤ちゃんがいても快適な住空間を作るなら、シックハウス対策もでき安心安全な森のしずくのフロアコートがおすすめです。

サイト内検索
フロアコーティング関連コラム